あえて評判が悪いチューリッヒ自動車保険に入った話。

更新日:

以前の記事「あえて評判が悪いアクサダイレクトの自動車保険に入った話」でも書いたように、最近まではアクサにお世話になっていた私ですが、今年はチューリッヒにすることにしました。

理由は「検討した保険の中で一番コスパが良く、補償も十分」だと思えたから。
10社くらいほぼ同じ補償内容で年間にかかる保険料を出したんですが、その中でもわりとダントツでした。

まあそもそもの保険会社変更のきっかけは、それまで契約していたアクサが契約更新の時になぜが値上がりしたこと。
一度も事故を起こしてないのになんでじゃい、と腹が立った私は速攻で無料の自動車保険一括見積もりサービス を使い、保険会社を再検討。

その時に一番安い金額で見積もりが返ってきたのが三井ダイレクトとチューリッヒだったのですが、金額と補償内容を検討した結果、チューリッヒにしたというわけです。

まあ安かろう悪かろうでは嫌だなと思っていろいろ評判なども調べまくったんですが、その辺りのことも含め、ちょっと順を追って書いていきたいと思います。

簡単メモ

チューリッヒはどんな保険会社?

チューリッヒ保険はスイスの世界的な金融グループが運営する会社で、1986年に日本支社が誕生。

同年代に日本に進出したアクサダイレクトとおなじく、代理店を持たないダイレクト型保険の先駆け的存在の保険会社で、その安い保険料を武器に顧客を増やし続けています。

個々のプランごとに細分化されたリーズナブルな保険料計算が好評で、近年では事故対応顧客満足度の向上にも力を入れているようです。

まず、保険料の相場を調べた

保険会社を再検討するにあたり、とりあえず私は各保険会社に見積もり依頼を出して、保険の相場を調べてみることにしました。
高いところと安いところでは年間3〜6万くらい違ったりしますからね。
あまり保険料をケチるつもりはないのですが、やっぱり安く済むならそれに越したことはないです。
数万円の保険料が浮いたらその分好きなものにお金を使えますし。

見積もりの結果は私の条件だと(30代前半、7等級、年間6000〜8000キロ走行、H29年製軽自動車)およそ6万円中盤〜11万くらいでした。
だいたい8万前後の見積もりを出してくる会社が多かったですね。ちなみに補償の条件には一般的な車両保険、弁護士特約、原付特約などを付けてます。

こういうのを付けないと余裕で5万円切るのですが、万が一の時のために保険に入るわけなので、私は必要だと思う特約などは付けるようにしています。
運転者の年齢制限は30歳以上とかにしましたけどね。

なお、各社の見積もりが知りたい方は冒頭でもいったように無料の自動車保険一括見積もりサービス を使ったほうがいいと思います。
それぞれの会社のHPから見積もりを出そうとすると、そのたびに車両番号やらの細かい基本情報を入力しないといけません。
1〜2社ならまだしも、数社となるとかなりめんどくさいです。

一括見積もりサービスだと、一回の入力で数社から見積もりを取れるのでかなり便利です。
見積もり後も保険の案内メールがいくつか来たりしますが、数はたいしたことありませんし、営業の電話などは全然かかってこないのでお勧めです。

なので、まずは一括で見積もりを出し、それで気になった会社があれば改めてその会社のHPで見積もりを依頼してみるのが効率がいいと思います。
一括見積もり結果のメールにあるリンクからその会社の見積もりページに行けば、基本的な情報の入力の手間も省けます。

↓↓見積もりはここがおススメです↓↓


とりあえず安かった三井ダイレクトとチューリッヒの補償内容などを細かく検討

そのような流れで見積もりを依頼した結果、三井ダイレクトとチューリッヒが1番安かった。
なのでとりあえず私はその2社の料金と補償内容の詳細を調べてみることにしました。

それぞれの公式HPの見積もりページで基本情報を確認しつつ(一括見積もり結果のメールに書いてある臨時のユーザーIDとパスを入力すればめんどくさい情報入力は省けます )、受けたい補償内容にチェック。
万が一のための保険なので、ひとまず保険料の事は考えずに、必要だと思う補償項目を細かく付けてみました

すると一括見積もりで出したものより少しだけ高くなりました。やはり一括見積もりの時よりも補償内容の選択肢も増えて、より厚い補償にしたのでまあ予想通り。
そこから「これは付けなくてもいいかなぁ」みたいな項目を外していきました。

私の場合運転者の年齢制限とかでしたね。20歳からにするのとと30歳からにするのでは年間4〜5千円くらい違ったのですが、自分より若い人に運転してもらうことって全くないので、ここは30歳以上にしました。
ただ、同年代の友達に運転してもらうことはあるかもしれないので、本人限定や家族限定にはしませんでした。

そういう金額の差異を調べていてけっこう意外だったのは、補償金額を変えても年間の保険料はあんまり変わらないところでしたね。
これはどこの保険会社でもそうだったのですが、たとえば、賠償金額を上限2000万から無制限に変えても年間の保険料は三百円とかしか変わらないんですよ。
それしか変わらないないならだんぜん無制限の方にしますよね。

わりとそういう項目があったりするので、気になる項目のチェックをつけてみたり外してみたりして何回も見積もり結果を確認してみると、自分の予算と理想の補償内容のバランスが取れてくるんじゃないかと思います。

検討の結果、チューリッヒ自動車保険と契約することにしました

ああでもないこうでもないと補償内容と見積もりの金額を比べてみた結果、私の中では僅差でチューリッヒが勝利しました。

理由は「自分にとって必要な補償が全てつけられて、なおかつ一番安かったから」です。

私にとって必要な補償とは

  • 事故時の人と物に対する十分な補償
  • 単独事故や当て逃げなどに対する補償(いわゆる車両保険ってやつですね)
  • 相手が無保険で支払い能力がなかった時の補償
  • 万が一、自分対相手が0:10の無過失事故などで、自分が相手の保険会社と交渉をしなくてはいけなくなったときの弁護士費用の補償(弁護士費用特約っていうようなやつです)
  • ファミリーバイク特約(原付も乗るので)

などです。これらが自分的にはマストな項目です。
事故時の免責特約とか旅行時の身の回り品や交通費・宿泊費の補償や自走不可能になった時のレッカー代などもあったら嬉しいですが、このあたりは自動的についていた気がします。

まあこういう補償内容はどこの保険会社もあまり変わりません。
違ったりするのは、旅行時の身の回り品の賠償金額の上限とかそういう細かいところですね。
保険料が高いところはそういうオプション的な補償内容も手厚くなりますが、私は特に必要ないんじゃないかと思ってます。
そのあたりの補償金額をあげて値段が高くなるならぜんぜん安いほうでいいです。

とまあそんな感じで「自分が十分だと思える補償内容」をつけた上で、1番コスパのいいところがチューリッヒだったんですね。

でもなんでチューリッヒはこんなに安いのか?

値段と補償内容を細かく見て、9割方チューリッヒにしようと決めたのですが、「でも補償内容はほぼ同じなのになんでこんなに安いんだろう」という疑問が出てきました。

世の中そううまい話は転がってません。安いのにはそれだけの理由が必ずあるものです。
それで私なりに理由を調べてみた結果、ひとまず

  • ネット受付専門の自動車保険なので、人件費などのコストカットに成功しているため。
  • ネット申し込みの場合は支払いが一括のみ

というところが1番大きいようだとわかりました。
まあ代理店を通さない、いわゆるダイレクト型の保険は基本的に安いのが特徴ですからそこはわかります。
ただ、支払いに関しては、普通は一括か分割で選べるのが一般的なのですが、チューリッヒの場合、ネット申し込みでは一括しか選べません(電話で申し込むと分割も選べるようです)

これはわりと珍しいです。こうすることで何かシステム的なコストカットができているんだろうなと思うんですがどうなんでしょう。
まあ分割にすると保険料もだいたい1万円くらい高くなりますし、一括で支払う人が多いからあまり問題ないんでしょうね。

気になるのは事故時のサポート力

そして気になったのがやはり事故対応能力、つまり事故にあった時にキチンと対応してくれるのか、という点です。「安い保険会社は事故時の対応が悪い」という定説みたいなのがありますからね。

保険料を納めていても、肝心な時に何もしてくれないのでは完全に損をするだけなのでそこはわりと時間をかけて調べました。

やはり悪い評判のほうが多かった

調べてみるとやはり悪い評判や口コミのほうが圧倒的に多かったです。
正確な数は数えていませんが、印象としてはアクサより多いような気もします。

マイナスの口コミまとめ

以下、みんなの評判ランキングから口コミ(悪い評判)をちょっと引用させてもらいますね。

事故に遭い被害者になったので仲介に入ってもらったのですが、当初から嫌々感全開で、何度も何度も「直接交渉されては」とか「降りていいですか」など相手の保険会社も首を傾げるような無責任で不誠実な対応に辟易しました。苦情を言うと逆ギレするとかありえない。本当にプロ?仕事しろよって感じで雨す。運良く事故に遭わなかった加入者には保険料が安くメリットがあるように思えるかもしれませんが、実際にトラブルに遭った場合は(加害者でなく被害者でも!)最悪です。二度と利用しませんし、知り合いにも入らないように勧めます。っていうか名前を聞 くのも嫌。キャッチフレーズの「お客様第一主義」は残念ながらまったくまったく感じられませんでした。

出展ーーーみんなの評判ランキング

 

友人を紹介したら、他社から変更した2日後に自損事故(物損事故)をおこした。
初動から人身傷害を使うなら、人身事故扱いにしないと保険金は支払わないとのこと。自損事故なのに誰に対しての人身事故なのか分からない。
その後も調査員を入れるだとか保険金詐欺者扱いしている。
体も痛いのにちゃんと扱わないから、友人は鬱状態に近い。
2度と契約も知り合いに勧める事もしない保険会社のひとつ。

出展ーーーみんなの評判ランキング

 

13年目にして初めての事故。一時停止無視の車にぶつけられたのだが、走行中の自動車事故なので9:1になった。それは仕方ないのだが、担当者の説明が何回聞いても意味不明。連絡も遅い。板金工場の担当者の方が分かりやすかった。

出展ーーーみんなの評判ランキング

 

後ろから軽く追突事故を起こしました。物損扱いで処理を開始したのですが、担当者が確定するまでに8人変更されその都度不明確な点を補うはめになりました。途中責任者らしき人からアンケートに対し連絡が来たが特にお詫びも無く事実のみを話して終りました。こちらから連絡しなければ動かず、原因は被害者にあると言うが翌日には言った点は解決される。結局すべて処理が終るのまでにまるまる1年を費やした。これで「お客様満足度」がトップレベルとは不思議な結果です。二度と加入しません。

出展ーーーみんなの評判ランキング

 

昨年、価格が一番安かったので3台ともチュウリッヒに変更。内2台が自動継続で保険料確認したら、軽の事故率が上がっているという理由で1台は約25%アップ、もう1台は約20%アップ!無事故で等級も上がっているのでその分の割引を考えるとそれ以上のアップ。いくら事故率が上がっているからといっていきなり20~25%アップは考えられません。こんな常識はずれの値上げを平気で行うチュウリッヒ懲り懲り。継続は解約して他を当たります。チュウリッヒ契約しようとする方は気をつけたほうがいいです。

出展ーーーみんなの評判ランキング

 

私は原付で軽と衝突しました。すぐさまチューリヒに連絡し対応してもらいましたが、タチの悪い相手と衝突したのが運の尽き。結局物損は10対0で加害者になりました。それがわかるまで3ヶ月。示談交渉としては話になりません。安かろう悪かろうです。バイク特約を付けていまして原付に鍵を入れてしまった際にもロードサービスは車のみだそうです。担当も途中経過すら連絡せず電話したら嫌そうに、だからですね〜って感じで気分を害しました。担当は2度変えました。何かあった時の保険が保険として成立しません。今年早速変えます。皆さんおっしゃってるように、示談交渉最悪です。頼りない、連絡ない。やめたほうがいいですよ。

出展ーーーみんなの評判ランキング

と、これはほんの一部でほかにもたくさんマイナスの評価が書きこまれています。
こんなに悪い口コミしかないとは、業者とかがわざと書き込んでるのではないか、と疑ってしまうくらいです。

プラスの口コミまとめ

否定的な評判に比べると少数ですが肯定的な意見もあったので紹介させていただきます。

車に全く詳しくなく、興味もなく、走ればよいという気持ちで、軽自動車に乗っています。修理や点検も専門用語がよくわからないので、恥ずかしい話ですが、車検や整備などは全て主人に任せてやってもらっており、私は後をついて行くだけです。先日、1人で運転中に急に車がガタガタいい出して路肩に止めると、後輪がパンクしていました。最初は何が起きたかもわからなかったのですが、おろおろしているうちにタイヤのへこみが大きく、空気が抜けているのがわかったので、やっとパンクだと気付きました。田舎道だったので、周囲にガソリンスタンドもなく、聞くような人もおらず、タイヤ交換なんて見たこともやったこともなく、確かスペアのタイヤを積んでいるはずだと思いましたが、どこにあるのかもわかりません。今しかないと、迷わずチューリッヒに連絡して、ロードサービスをお願いしました。電話口の方はまず怪我などがないかどうか聞いてくれて、ちょっと安心して落ち着くことができました。電話してから20分くらいでかけつけてくれて、あっという間にスペアタイヤへの交換をしていただきました。車に詳しくないので、ロードサービスが良い所を選んで本当に良かったと実感しました。

出展ーーーみんなの評判ランキング

 

ネット申し込みできるので、かなり安い部類の保険だと思います。ただ、ロードサービス無料が1回のみだったりするところや、ややオプションの部分で、不測の事態に対する対応力ではもう少し改善点がある感じですね。電話対応などは丁寧でそこは〇。

出展ーーーみんなの評判ランキング

 

現在加入している保険会社の前に加入していました。この保険会社はオペレーターの方がよく教育されているのか,いつも気持ちの良い対応でした。インターネットの見積もり比較サイトでさらに安い保険会社が見つかったため乗り換えることになりましたが,良い印象を持っています。事故の対応の際,真っ先に私の安全を気にかけてくださり嬉しかったです。

出展ーーーみんなの評判ランキング

 

事故の相手の誠意のなさ、相手の保険会社の担当との話がなかなか進まず、旦那はとてもイライラしていました。
チューリッヒの担当の方の対応で私たちの気持ちはだいぶ救われました。
とても、後味の悪~い事故でしたが、チューリッヒの担当の方に出会えて良かったと、夫婦共々感謝しています。

出展ーーーみんなの評判ランキング

 

数年前、保険を見直そうということで、生命保険や傷害保険、車の保険と全て金額が安く、保険のカバー率が高いものを選びました。

知人にFPがいたために、そのアドバイスをもとに行いました。そのときに車の保険をチューリッヒに切り替えました。金額も2万円ほど安くなりましたが、内容は充実。最初は半信半疑でしたが、ある事故が起き、その内容の充実ぶりに納得しました。

それは、雨の日に車を運転していたときのこと。自宅周辺で運転をしていたとき、横から急におばさんが自転車で飛び出してきたのです。それを避けようとハンドルを切ったところ側道に乗り上げ、車の右側車輪が少し曲がってしまいました。

おばさんはどこかへ行ってしまい、わからない状況。すぐに保険会社に連絡、その後の対応のアドバアドバイスをお願いしました。まず、電話をするとすぐにスタッフが出ました。事故の状況を知らせると、的確なアドバイスを事細かにいただき、対応しました。

安心すると同時に、その後の保険の充実ぶりにも驚きました。

出展ーーーみんなの評判ランキング

 

母親を乗せて外出中に、後ろの車から追突されました。事故は起こしたこともないし、事故に関わったことが全くなかったので、とにかく車から出て、震えていました。私の2台後ろの車が後ろの車に追突し、その勢いで私の車に追突したので、衝撃は大きく車の後ろはしっかりとへこんでいましたが、私も母もすぐにわかるような怪我はありませんでした。それでも震えが止まらずに慌てていたのですが、周りにいた歩行者の方が警察を呼んだ後、近寄ってきてくれて、保険会社への連絡を促されて、ひとまず電話しました。
電話の声も恐らく震えていたと思うのですが、対応してくださった方がきびきびとしていて、怪我はないか、車の状況はどうかなど、テキパキと聞いてくださったおかげで、それに1つ1つ答えながら、自分の状況を確認することができました。この方には本当に感謝していて、後々考えると、さすがプロだと感じることばかりでした。
そうこうしているうちに警察も来て、その後の保険金の受け取りまで、とてもスムーズに気持ち良く、すばやく対応してもらえました。他社とたいして比べもせずに入った自動車保険会社でしたが、これからもお付き合いしていこうと思っています。

出展ーーーみんなの評判ランキング

肯定的な口コミでは事故対応や補償がしっかりしていて満足できたというものが多いですね。

何かあった時のための保険ですから、非常時にしっかりサポートしてくれるというのはとても重要です。
また、こちらが不安な思いをしている時に安心感のある対応をしてくれると本当にうれしいものです。
私も事故にあったことがあるので気持ちはすごくわかります。

結局ネットでの評判では本当のところはよくわからない

このように口コミや体験談を調べていて思ったのですが、ひねくれた性格の私は、全部の書き込みを信用しないほうがよさそうだなと思いました。

まあ言ってしまえば書き込みなんていくらでもねつ造できます。

これは本当に自分の体験談を書いてるなと思うものもありましたが、中にはよく読み込んでみるとちょっとうそくさいものもある気がします。
自分のアクサでの体験もありますし、前評判と実際の対応が一致しないなんてことは普通にあります。
ネットは便利ですが情報をきちんと選ばないと痛い目を見ます。

これほど悪い口コミが多いというのは総合的にみればやはり対応が良くないことのほうが多いのかもしれませんが、すべてがそうだとは思えません。
もし実際そうだったとしたら絶対にもっと社会的に問題視されるでしょうし、営業をつづけることができなくなると思います。

なので結局は実際に入ってみて自分で経験してみないとわからないものなんですよね。

ネットで調べた情報をもとに「まあこういうこともあるかもしれない」というさまざまな可能性を考慮に入れながら、さぐりさぐり実践していくしかないわけです。

私はそう思いながらチューリッヒにしてみました。
もしこれを読んでいるあなたも保険会社をどこにしようか迷っているならとりあえず実践あるのみです。

無料の自動車保険一括見積もりサービス で各社の見積もりを出し、補償内容を検討して自分がいいなと思ったところと契約してみましょう(ちなみにどこも高いからといって保険に入らないのは絶対にやめた方がいいです。悪いことは言わないので保険は絶対に入りましょう)。

もし私が事故にあったらその時のチューリッヒの対応はどうだったか、細かく報告させていただきます。

↓↓見積もりはここがおススメです↓↓

-安くできるものごと, ひと手間かけて安く, 車関係, 保険関係

Copyright© オトク生活 , 2018 All Rights Reserved.