あえて評判が悪いアクサダイレクトの自動車保険に入った話

更新日:

最近車を買ったので、各社の自動車保険を比較検討したのですが、いろいろと考えた結果、私はアクサダイレクトの自動車保険を選びました。

今回はその経緯について書きたいと思います。

簡単メモ

アクサダイレクトはどんな保険会社?

世界最大級の資産・保健運用グループのアクサグループが運営する保険会社。日本では1988年に設立以降、事業を拡大し続けている。
代理店を持たないいわゆるダイレクト型保険の先駆け的存在として知られ、安い保険料を売りに顧客を増やしている。

保健プランの充実には定評があり、個々人に合ったものを選べる。最近では顧客満足度の向上に特に力を入れているようで、保険料が若干上昇傾向気味。



まずは各保険会社の見積もりを出す

自動車保険を選ぶにあたって、とりあえず私は各保険会社ごとに見積もりを出してみることにしました。いつものことですが、最初から値段で選ぶ気まんまんです。

自動車保険安く

相場を把握するための手順としてはまず

  1. 複数の保険会社の見積もりをいっぺんに出せるサイトを利用して保険額の相場を掴む
  2. 気になった保険会社の公式サイトに行き、そこで詳細な見積もりを出す

といった感じで比較しました。
それぞれの保険会社のサイトへ行って個別に見積もりを出してもいいですが、見積もり依頼ってかなり入力がめんどくさいので、一括見積もりサイトで候補を絞ってからのほうがいいと思います。

自動車保険は一括見積もりが便利

私はこちら の無料見積りサービスを利用しました。
フォームに必要事項を入力して送信すると、会社ごとの簡易見積もりが順次メールで送られてきます。わりとすぐに来ますよ。

そして送られてきた結果を見てビックリしたのは予想より価格差が激しいことでした。
一番安い保険と一番高い保険の差は年間4万近くはあったと思います。簡易とはいえ、ここまで差があるとは予想外でした。

各会社ごとの保険内容を比較する


こんなに値段が違うということは保険でカバーされる内容もぜんぜん違うんだろうな、と思って内容を比較してみることにしました。

まずは各社の見積もりの中でも、ダントツで安かったアクサダイレクトの公式サイトへ行って、さらに詳細な見積もりを申し込み、保険内容の確認もしました。

しかし自動車保険は初めてなので、各保険項目ごとの内容がどうだとか、あまりわからなかったです。

こちらが払う保険の金額に対して、補償額が安いのか高いのか、なんとも判断のしようがなかったので、とりあえず別の保険会社でも詳細な見積もりを出してみることに。

おぼろげにしか覚えてないんですが、一番高かったのは損保ジャパンか、あいおいニッセイ同和だったような気がします。いわゆる代理店型と言われているところですね。

そこのサイトでもまた同じように詳細な情報を記入し、見積もりと保険内容の確認。そして先ほどの保険内容とじっくり比較。それで感じたことは

なんか補償内容の基本的なところはどの保険会社もあんまりかわんなくね?

でした。

どういうものが一緒だったかというと、例えば

  • 事故を起こして人に怪我などをさせてしまった時の補償額
  • 物を壊してしまった時の補償額
  • その時自分の車に乗っていた同乗者(自分もふくむ)にたいする補償額

等々、事故を起こした or 事故にあった時に一番保証してもらいたい大事なところは一緒でした。

違ったところはもっと細かいところでしたね。例えば

  • 車内に積んでいた荷物が破損した場合に補償する限度額
  • 旅先で自走不可能な事故を起こした場合の宿泊・帰宅費用など
  • ロードサービスの充実具合(代車費用無料など)

といったオプション的なところで違いがありました

そういう細かいところが充実しているのとしていないのとでは、実際に事故にあった時だいぶ違ってくるような気がしますが、それでもそのプラスアルファのオプションが必須かと言われれば首をかしげたくなります。

自動車保険のオプションはいるのか?

安い保険会社で何年か契約して節約できるお金と、そのようなオプション的内容でカバーされる金額はあまり変わらないような気がするどころか、やはり総合的には安い保険会社の方が節約できるお金は大きい。

長期的に考えれば、月々の保険額が安い会社のほうがお金の面では絶対にお得だと思います。

これはちょっと考えれば明白なんじゃないかと。
しかしですね、高い保険額の会社が、顧客を現に獲得し、経営できている以上なんらかの理由があるはずですよね。

高い自動車保険を選ぶ理由

いろいろと調べてみた結果、その理由は

  • 自分であまり調べずにディーラーなどで勧められるがままに契約する人が多かったりする
  • 高いお金がかかるだけあって担当者の対応がよかったりする・サポートがしっかりしている

というのが大きなもののようです。

やっぱり会社によって事故時のサポートが違ったりしますからね。
そこは確かに大事かもしれません。

事故にあっていろいろとテンパっているときに適切なサポートや助言、すべきこととしないことの的確な指示等の有無でこちらの心理的な負担が相当変わってくるように思います

人間、大変な時は弱って打たれ弱くなりますし、そういう時のサポートはとてもありがたいものです。

好きになってまうやろ

なので、いくら安くても事故時のサポート対応が悪ければ、ちょっと考え直さなければいけないかもなと思って、アクサダイレクトの評判をくわしく調べてみました。



アクサダイレクトは安いが評判が悪かった


案の定といいますか、各所の口コミやレビューを見てみると、良くない意見や体験談のほうが多かったですね。

おもに担当者の対応や態度がよくない、といった書き込みがほとんどでした。

本来受けられるべき補償を、こちらが言うまでなにも教えてくれなかった、だとかこちらが大変な時に親切心のかけらもない対応をされただとか、こちらが連絡するまで対応をほったらかしにされただとか、まあわりとボロクソいわれてました。

アクサの評判は最悪

そこまで言われてると私も不安になり、安くてもほかのところにしようかなぁ、と考え始めましたが、ふと思い出したことがありました。

そういえば、今のバイクの保険ってアクサダイレクトだったような・・・・

すぐに確認してみるとやはりそうでした。度忘れしていた。きっと安かったから何も考えず契約したんでしょうね(人間変わりませんね)。

となると、今度はネットの評価に対して疑念がわいてきました。

というのも私は一回事故を起こして、アクサのお世話になっているからです。

 

しかし私が実際にバイクで事故を起こした時のアクサの対応は取り立てて悪くなかった


私がアクサとバイク保険の契約をしたのはたしか2~3年前で、しかも契約したその年にバイク同士の事故を起こしました。過失は9:1でほとんど私の過失でした。

幸い、相手の方に大きなけがはなくて本当に何よりだったのですが、バイクは全損、相手の方が身に着けていた時計などのアクセサリーもダメになってしまっていました。

事故を起こした時、私は相手の方の安否を確認したのちすぐに警察に電話、そしてアクサに連絡をいれたのですが、その時の電話の対応はべつに悪いとは思いませんでした。

保険を利用するのは初めてだったのでなんとも比較のしようがないですが、ちゃんとこれからどうするべきかなどの手順を教えてくれたし、ゆっくり丁寧に話してくれたので印象も悪くなかった。

不快な気分、心細い気分になることもなく、落ち着いて話ができました。

翌日以降の連絡も滞りなく、きちんと対応してくれました。私のアクサダイレクトの担当者は、むしろこちらの知らなかった補償内容を教えてくれて(何回以上通院したら見舞金がでるとか)、お金くれました。

その時、私は素直に親切だなぁと思いましたし、ネットからでも事故後の進捗状況を確認できたりして、便利でしたよ。
やっぱり事故を起こした当事者としては、どういう話し合いの状況になっているか気になりますからね。

アクサは親切

なお、私のほうの被害はバイクのフロントカバーの破損(雨の日はタイヤのしぶきがもろに顔面にくるようになりました)、前輪フォークの破損(ハンドルが曲がって、手を放すと左に寄るようになりました)、少々の腰痛(幸い1か月くらいで治りました)だけでした。

相手方は保険に入っていなかったため、修理をするとしたら全部自費だったので、修理はあきらめました。10万くらいかかりそうだと言われたので。

(ちなみに私は何年もバイクの保険に入っていなかったんですが、なぜ入ったのかというと、やはりその前に小さい事故を起こしていたからです
その時は軽くぶつけただけで、こちらの賠償額は7万くらいだったのですが、その時にもしもっと大きな事故だったら、、、と心底ぞっとしたので、心を入れ替えて保険に入っておいたんです。
ほんと入っておいてよかったと思いましたよ。みなさん、悪いことは言わないので乗り物系の保険はかならず入りましょう
ほんとです。絶対に入りましょう。)

保険は絶対に入れ



対応の良しあしはやはり担当者による


私の場合はたまたまいい担当者に当たっただけなのかもしれませんが、今回調べていて、ネットの評価をうのみにしてはいけないなと思いました。これは

悪人は善人より目立つ

というのと同じ原理なのかもしれません。悪い対応や印象ってすごく心に残ります。誰かにその不満を言いたくなりますし、一度言ってもたまにまた思い出して腹が立ったりして何回も言っちゃいますよね。

しかし逆にそれ以外のことって比較的あまり心に残りません。
もちろん親切にされたり、優しくされたりすればとてもうれしいですし、心を温めてくれますが、そういったポジティブなものは一度過ぎ去ってしまえば、あまり表に出てこないことのほうが多いです。

どうせなら嫌なことより嬉しいことを思い出す回数を増やしたいものですけどね。。

楽しい記憶

なのでアクサも確かに良くない担当者はいるのでしょうが、堅実に仕事をしてくれる良い担当者もいるということだと思います。

まあ悪い評価のほうがだいぶ多いのは、本当に悪い担当者のほうが多い可能性も高いので、「そういうリスクがあるならちょっとくらい高くてもいいや」という方は他のところをおすすめします。

しかし「悪い担当者に当たったら泣き寝入りせずにこちらの権利を主張し、ちゃんとした対応を勝ち取ってやる」くらいでいようかなと思っています。

私見ですが、今の時代はそれくらいアグレッシブなほうがいいんじゃないかと。

 

結論:自動車保険会社は安いところでいいんじゃないか


結局のところ私は自動車保険に関しては、安いところでいいと思います。

きっと携帯業界でいう大手3社とMVNOの違いのようなものだと思います。

大手3社はサポートやサービス品質がしっかりしている分高い。
MVNOは自分でしっかりと把握・管理しないといけないけれど、その分安い。

これと同じような気がします。

しっかりとした情報を集めて理解しておくのは少し手間ですが、ネットを使えば効率よく行えます。
そしてそれに見合った分かそれ以上の節約ができるのですからやらない手はありません。

まずは見積もりを取ろう

自動車保険をどこにしようか迷っている方はとりあえずこちら で見積もりをとって、各保険会社の相場をしらべてみましょう。保険の見直しをされている方も同様です。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。



-ひと手間かけて安く, 車関係, ハスラー関係, 保険関係

Copyright© オトク生活 , 2018 All Rights Reserved.