卵は一日何個まで??半年以上ほぼ毎日6~10個食べて実験してみた話

更新日:

卵は1日何個まで食べてもいいのか。最近本当にいろんな説がありますよね。

やっぱり1日につき1個が望ましいだとか、いやいや3個まで大丈夫ですよだとか、5個までいけますだとか、みんな言ってることがバラバラです。

しかもそれぞれが独自のデータを公開して、まことしやかに自説を強化してくるものだから、ますます混乱します。私はいったい何を信じたら、、、と。

そこで私は、とやかく考える前に自分でたくさん食べてみることにしました。

今回の記事はその経緯と結果についてです。


1日1個の定説が覆されたのは3~4年前

卵は一日一個までじゃない?!

従来の「卵は1日1個まで」という説に疑問を抱くようになったのはおよそ3~4年前からでした。

たまたま見ていたニュースサイトに『卵は何個でも食べて問題ない?!』みたいな記事がアップされていて、それを読んだんですね。

その記事の要点は

  • 卵を食べすぎるとコレステロールがたまってしまうというのは間違ったデータ。20世紀初めにウサギを使って行われた実験のもので、実に疑わしい。
  • むしろ卵はさまざまな栄養素を持つ完全栄養食品。1個以上食べたほうがいいんじゃないか。

といったものでした。

昔から卵は1日1個まで!と教え込まれていた私たちにとっては結構な驚きで、話題になりましたよね。

それで私は関連する記事や情報を検索しまくりました。

すると、この「卵を一日一個以上食べても問題ない」という記事を肯定するもののほうが多かった。なぜ肯定するのか、その根拠とするデータなどもそれなりに信頼できそうでした。

 

どうやら1個以上でもいいらしい。でも一体何個までOK?

何個食べていいんだろ?

さらに気になった私は、かなり検索していろいろな記事を読み漁ったんですが、結局誰も何個まで食べて大丈夫なのか明言はしていませんでした。

どの記事も、1個以上食べてもいいが、何事も食べすぎは体に良くない。しかるに2~3個にするがよかろう。という結論に落ち着いていました。

それらの記事の検証データなどにあった聞いたことのない栄養素などについても調べて、自分なりに理解を深めてみようと思ったんですが、これもまた解釈がわかれるところのようで、意見が統一されていませんでした。

ただ一点だけすべての記事に共通して言われていたのはコレステロールはあがらないということ。

つまり、どうやら1個以上食べても大丈夫なのは確か。しかし逆に何個たべたらアウトなのか誰もそれを証明できていませんでした

 

自分で検証してみることにしました。

実験!

そこで私は、じゃあとりあえず自分の体で検証してみようと思いました。

いろいろな記事を読んだ限り、仮に食べ過ぎたとしてもそう致命的な病気などにはなるまい、と予測したのです。

なぜ少々危険なそんな試みをしてみようかと思ったかといいますと、その当時私は糖質制限をしていたからなんですね。

糖質制限というのは文字通り、「糖質を取らないようにすること」で、私の周りの人々が実践していて評判がよかったので、やってみることにしたのです。私が聞いていた糖質制限のメリットは日中に「眠くならない」こと。

実際にしばらく続けてみると確かにお昼のあとなどに眠くならなかったので、これはいいなぁと思っていました。

しかしやってみるとわかるのですが、現代社会において糖質を制限するのはなかなか大変でした。なんといってもまわりには糖質があふれています。私たちに身近な食べ物の中で糖質が含まれていないものは圧倒的に少ないのです。

口にできる食べ物の種類が少ないというのはなかなか大変ですし、私の場合はなにより「おなかをいっぱいにさせる」のに苦労していました。ええ、食べるの大好き人間です。

なので糖質が含まれていなくて、なおかつコスパがよくてすぐに手に入り、アレンジしやすい食品はないものかといつも考えていたわけです。

けっこうな初期の段階で卵に目を付けてはいたんですが、「やはりコレステロールが気になるしなぁ」と控えていました。

そこにきて1日1個論が覆ったわけですから、私としては卵の可能性を追求したかったのですね。

、、、いえ、というか正直に言いますと、食いしん坊の私は単純にたくさん卵を食べたかったのです。

なので自分のために、卵は一日何個食べていいんだろう??と、実験することにしたのです。

くだらない理由ですいません。


初めは4個くらいから、次第に6~8個に

徐々に卵を増やしていく

まず最初はおそるおそる一日4個くらいから始めました。卵4つ分のオムレツを作って一食分にする、みたいな感じです。

それを何日か続けてみたのですが、特に異常も違和感もでなかったので、だんだん卵を使う食数を増やしていきました。

昼にラーメンに2個、夜にオムレツで4個、みたいにです。

もっと慣れてくると、朝に目玉焼きで4個、昼にスクランブルエッグで2個、夜にオムレツで4個みたいな感じにもなりました。たぶん多いときは10個超えてましたね。

そんな食べて飽きないのかといわれそうですが、まあもちろん時々は飽きて食べたくない日もありましたよ。

しかしまあ空腹は最大の調味料というのは本当で、お腹がすけばおいしく食べられます。煮卵にするなど、なるべくバリエーションつけましたが。

なので特に苦に思うこともなく、また健康に異常を感じることもなく、平和に日々が過ぎていきました

変わったことといえば、買う卵のサイズがLからMSになったくらいですかね。

卵はLよりMSのほうが質がいいというのが、味や品質に関しての私の個人的な結論です。

いろいろ調べた結果、MSの卵は元気な雌鶏が生むものなので、栄養素も多く含まれているし、殻も硬いそうです。

言われてみれば、殻が固い卵の黄身と卵黄はぷりっとしていて、盛り上がりがいい。見るからに新鮮、という感じがします(、、、いったい何の記事になってきたのやら)。

どこのスーパーのどのサイズのものが一番美味しいかかなり詳しく答えられるようになりました。

 

半年以上卵生活をつづけた後、健康診断に行きました。

卵をたくさん食べて健康診断

そんな生活を6~7か月続けた後、健康診断行ってきました。やったのは血液検査、レントゲン検査、尿検査、便検査です。もちろん検査当日も卵をたくさん食べましたよ。

そして出た結果は、、、、、、

尿酸値以外すべて異常なし

でした。

すべて異常なしと言えればよかったんですが、尿酸値がちょっとだけ高くなっていました。

ただ、卵を食べると尿酸値が上がるというのは聞いたことがないので、これは卵の食べ過ぎが原因というよりかはお酒(主にビール)やつまみの食べ過ぎが原因なのではないかと思っています。

ん? と思われた方は正しいです。

ええ、途中から糖質制限やめてました。キリ

といっても、主食は卵だったんで、そこまで糖質爆発していたわけでないんですけどね。

私なりの分析では、尿酸値が高かった原因は卵と一緒に食べたり飲んだりしていた、あまり健康によろしくない食べ物のせいだと踏んでいます。

ご飯やパン、甘いものなどの糖質物は取らないようにしてるし、その分すこしくらいお酒とかつまみを多く食べてもいいだろうという、完全なる気のゆるみですね。

卵を免罪符にしていたところがあるかと思います。

一応評判のいい栄養ドリンクのサジージュース とか飲んでたんですけど、ちょっとお酒のほうを飲みすぎたんではないかと。
サジージュース飲んでなかったらもっとやばかったかもしれません。

なお卵はカロリーが高いという話も聞きますが、体重は特に増えたりしていなかったです。

結論:卵は好きなだけ食べていいのか現時点ではやはりわからない

結局よくわからない

私の結論としてはこれです。

ほぼ毎日6~10個食べていて私の場合は今のところ異常はないわけですが、これがもっと長期間、例えば5年や10年後はどうなのかというとわかりません。そこはやはりさらなるデータが必要ということになるかと思います。

なので卵ってどれくらい食べていいの? と思ってここに来られた方は、あくまで私の体験記として読んでくださいね。

自分の体感としては食べても大丈夫かもしれないなーとわりと思っているんですが。

とりあえず卵ってすごく便利なので今もバクバク食べていますが、何か異変などあったらすぐにご報告させてもらおうかと思っています!ともあれ、なんでもとりすぎはよくありませんのでバランスを考えましょう!

やはり運動しないと痩せない!!

そして長い間、緩めの糖質制限をやってきて辿り着いた真理がこれ。

いくら食べ物に気をつけようが、運動しないと痩せられない!!!(悔し涙)

まあ当たり前といえば当たり前ですが、私のように軽い糖質制限をしつつ、好きなときに好きなものを食べるというスタイルでは、運動しないと痩せられませんでした。

かろうじて体重の維持はできるんですけどね。でも少し油断するとすぐに増えます。悲しいけどこれが人間っていうものなのよね(トオイ目)。

いくら食べても太らない体質の人や、勝手に痩せていく羨ましい体質の人たちはまた別ですが、私のように食べたら食べた分だけ太る普通の人はもう糖質制限だけで痩せようなんていう甘い考えは捨てましょう

悔しいですが諦めるのです。。。。

私は最近ついに観念して、プールに通いはじめました。最初のうちは100メートル泳ぐだけで死ぬ勢いでしたが、今はなんとか1時間位泳いでも心地よい疲労感を感じる程度になってきました。

さらに本格的に運動しようと思ってるので、今良さげなジムを友人からおすすめを教えてもらいつつ検討中です。とりあえず無料体験や無料カウンセリングがあるところで考えていて、ここらへんのジムなんかを候補にしています。

目をつけているジム

日本初上陸のパーソナルトレーニング【exercisecoach】
ここは無料体験できます。アメリカ!な感じの雰囲気がすごくいい感じ。こういうの大好物です。とりあえず体験は確定。

パーソナルトレーニングジム リタスタイル
ここは無料カウンセリングしてくれます。そしてなんと30日間で痩せられなかったら全額返金するという保証付き。
お、いいじゃん、と思ったら私の住む関東には店舗ないんかーい(岡山や九州にあるようです)。友よ、なんで私に勧めたんだ。

Shapes
ここは女性専用ですが、一応ここまで読んでくれた女性の方のためにご紹介。無料カウンセリングあります。

【XSLIM(エクスリム)】
ここも無料カウンセリング&30日の返金保証あり。店舗もたくさんあるし、行ってみようかな。

まあ実際に入るかは別として、まずは一通り行って話を聞いてみようかと。こういうのはやはりプロの人に話を聞くと新しい発見があって楽しいですし、何よりやる気に繋がるので。

さあ、卵をたくさん食べたいと思っている同士よ、あなたたちも一緒に汗を流そうではありませんか。卵だけに頼って痩せようとするのはやめるのです。キリリッ

余談

ちなみにもし私のように卵を多めに食べてみようという方は、買う卵はきちんと選んだほうがいいです。業務用とかで安く売ってるものはなるべく選ばない方がいいかと。

一回、楽天で人気があったちょっと高めの卵を買ってみたんですが、めっちゃおいしかったです。今でもたまに買ってるんですが、こだわりたい人におすすめです。

これ↓

「なんで前園が出てきてるんだ」とか疑問に思うところも少しありますが、とりあえず価格も目玉が飛び出るほどではないし、品質もいいと思います。

いじめかっこわるい

卵っておいしいものとおいしくないものの差がけっこうあるんで気になった方はぜひ試してみてください。

そして卵の上限や成分についてもっと知りたい方は、下記の他サイトリンク記事などもあわせてお読みになってみてくださいね。

【外部リンク】卵の食べ過ぎは危険?がんや血中コレステロール増の恐れ…何個食べてもOK、は間違い?

【外部リンク】卵の食べ過ぎが原因で起こる体の不調と改善するための方法

【外部リンク】ダイエットに最適なゆで卵 ~卵は1日10個食べても良いか?!

それから健康維持に、はちみつがとても良いという話を聞きました。改めて調べてみると目からうろこで、確かにいいかもしれないと思い今実際に試しています。

はちみつは食べ方によってはダイエットにもいいようなので、チェックしてみてもいいと思います。はちみつについての良いサイトを見つけたんでリンクを貼っておきますね。

はちみつうまい

 

追記

2017年11月21日 コメント欄にて「匿名様」様から

※コメントより一部抜粋~~~~~

卵白障害について調べてみましたが、乾燥卵白を1日200g摂取で影響がでたと下URLに記載がありました。
乾燥卵白の製造方法は生の卵白をそのまま乾燥させる方法であり、加熱した卵白では同様の結果にはならないようです。
https://vitamine.jp/bita/biotin03.html

又、大量摂取の基準についてですが、乾燥卵白は生卵の1/8程度に重量がなる為、200gの乾燥卵白は1.6kg
(卵26個)程度の生卵白という計算になります。~~~~~~~

とコメントをいただきました。さすがに一日に26個を食べる人はいないと思いますが、気をつけましょう。

2018年3月15日 2018年3月現在、健康診断に特に異常なしです。

2018年5月15日 コメント欄にて「匿名様」様から

※コメントより一部抜粋~~~~~

本当か嘘か定かではありませんが、予備校の先生が大学生時代貧乏で卵が安いので1日卵を1パック食べていたら、一年後に瞼に脂肪?が貯まり手術をしたと言っていました。(安いのが高くついた)という話を聞きました。

とコメントをいただきました。まぶたに脂肪が貯まるというのは初耳ですが、参考までに。

2018年6月6日 コメント欄にて「卵職人」様から

※コメントより一部抜粋~~~~

因みに、卵の食べ続け過ぎによる最大の問題は「遅延型アレルギー」です。
普通のアレルギーとは違って、同じものを摂取し過ぎると体がアレルギー反応を起こしてしまいます。
花粉症と同じようなものです。
それだけ注意していれば卵は最強の食品であることに間違いはありません。~~~~~~

とコメントを頂きました。確かに摂取し過ぎによるアレルギーには気をつけたほうが良さそうです。

 

-卵について

Copyright© オトク生活 , 2018 All Rights Reserved.