しずぎんマイカーローン審査が所得の低い私でも通った話

更新日:

私はいままで車というものを持ったことがなかったのですが、ここ2~3年「車があればなぁ」という機会が増えてきたので買うことにしました。

なぜずっと車を持たなかったかというと、それまではレンタカーやカーシェアで事足りたからですし、なにより経済的に余裕がなかったからです。

いまでも笑ってしまうくらいゆとりはありませんが、自分を追い込んで頑張らせるためにすこし無理をしました。

紆余曲折を得て、最終的にはしずぎんのマイカーローン(反復利用型)を利用したのですが、今回はその経緯について書きたいと思います。




車を買うにはどんな方法があるのか

 

とりあえず最初は、所得の低い私が車を持つためにはどんな選択肢・方法があるのか、そこから調べることにしました。

いろいろと調べた結果、個人が車を持つには

  • 一括で買う
  • ローンを組んで買う
  • カーリースを使う

の三つの方法があることがわかりました。まあ一括で買う、ローンを組むというのは一般的なので元々知っていましたが、カーリースというのはあまり知らなかったです。わりとよく聞く響きだけれど、いったいどういうものなのかは全く理解していませんでした。

そこで、私はカーリースについて調べてみました。

カーリースとは

Wikipediaによると

レンタカーのように不特定多数の人に貸し出すわけではなく、長期契約により一定の期間貸し渡す。登録番号の平仮名も「わ」や「れ」ではなく、普通の自家用車と区別していない。外観や内装は自家用車との区別はないが、リース会社の資金で自動車を調達するため、車検証上の「所有者」および所有権はそのリース会社となり、「使用者」は借受人(契約者)名義となる。「使用の本拠の位置」は契約者の所在地となる。

とあります。

かなりざっくりいってしまえば、要は長期レンタル契約みたいなものなんですよね。

ではカーリースのメリットは何かというと、

メリット

  • リース料を全額経費として計上できるので節税対策になる。
  • 自動車税、自賠責保険、車検などの手続き、及び支払いはリース会社がすべてやってくれる。つまり車両維持費がリース料金に含まれており、月々の支払いを一定にできる。
  • 管理をリース会社に任せることによって、時間を節約できる。
  • 3年や5年周期で車を乗り換えたい人にはちょうどいい
  • 購入する場合に比べて、自分の収入よりもワンランク上の車に乗ることができる。

といったところだと思います。節税対策と、管理を会社にまかせられるのはとても魅力的ですし、自分の収入ではすこし手が届かないような車に乗れるのも車好きには良いところですね。

ではデメリットは何かというと

デメリット

  • 5年、7年といった契約期間が終わっても車両は自分の物にはならず、返却しなければならない。つまりあくまで借りている形のため、自分の好きなように車をカスタマイズできない(ただし、返却時に元の状態に戻せばオーケー)。そして年間走行距離も制限されている。
  • リース料には車両維持の管理代行費用も含まれているため、銀行などでローンを組んで買うより総額で支払う費用が高くなる。
  • 中途解約すると違約金などが発生する場合がある。
  • 事故を起こすと車両の買い取りとなって、高額を請求される場合がある。

などでしょう。

これもざっくり言ってしまうと新車を購入するよりも高くつくし、もし何かがあれば突発的に高い出費をしなくてはならない可能性があるということです。

このデメリットを考慮に入れつつもリースを利用するユーザーには企業が圧倒的に多いです。個人で利用する人は個人事業主であったり、車の維持関係をすべて人に任せたい人や、まとまった資金がない人(つまり銀行などでローンが組めない人)であったりするようです。

 

私は「まとまった資金がない人」にあてはまるので、カーリースについて真剣に検討しましたよ。検討したのは【コスモ石油公式】スマートビークルオリックスのカーリースです。

まず目当ての車を7年もしくは9年でリース契約する場合の総支払額を算出しました。詳細は省きますが、私が選んだプランの9年の場合はおおよそ200万くらいでしたね。

それから銀行でローンを組む場合の金利を含めた総支払額、9年間にかかる車両維持費(税金、車検代、想定できうるメンテナンス代)を計算しました。これはすこし多めに見積もってだいたい170万とかそれくらいでした。

およそ30万円の差額ですね。なのでリースする場合は、9年間いろんな手続きや管理をしてもらう代行料として30万支払うという風に考えればいいかなとも思いましたが、もし何かあった場合に高額な出費に耐えきる自信がなかったので、総合的にはやはり銀行でローンを組んだほうが、私の場合は安上がりで、しかも最終的には安定するんじゃないかと考えました。

しかしそれはあくまで銀行でローンを組めた時の話です。それも約2~4%の間の金利で借りられた場合です。

銀行のほかにローンを組むとしたら5%以上になっていくので、その場合はリースの方が総合的に良いと考えました。

なので銀行でローンを組めたら組む、無理な場合はカーリースを利用するという結論を出しました。

そうときまれば、次は銀行ローンについて調べるべく私はまたググる鬼と化しました。

銀行のカーローンを比較検討する

私はさっそく銀行のカーローンについて調べ始めましたが、私の場合、年収が低くても借りられるところに限定されてしまうので検討する対象をあまり多く見つけられませんでした。というか実質、所得証明書等を提出しなくても借りられるところじゃないと、無理なんじゃないかと思っていたので、そうなると実質的にはもう、しずぎんの一択でした。

もちろんちょっと無理をして可能性の低そうなローンに申し込むこともできるのですが(そっちの方が審査も厳しい分金利も安いし)、ローンの審査というのは記録が残ります。なので下手に申し込んで審査に落ちた場合、金融機関が共有している私の情報にその記録がつくわけです。そうなると違うローンを申し込んだ時に、印象を悪くしかねなず、本来なら通してくれるものも通してくれなくなるかもしれません。

それは避けたかったので、「ここなら大丈夫そうだな」と思えるところに申し込む以外、私には手がありませんでした。

なので所得証明書等が不要なローンにしぼって調べると大手で安心できそうなところはしずぎんしかありませんでした。

※ただし借り入れが300万以下の場合です。

しずぎんのマイカーローン審査に申し込む

狙いが定まりましたので、すぐにマイカーローンに申しこみました。

公式サイトのフォームに必要事項を記入して送信後、翌日くらいに確認の電話がありました。電話の内容は住所氏名の確認と、勤め先の確認だけでしたね。そして仮審査が開始され、また何日か後に無事仮審査承認の連絡がきました。あとは実際に店舗に来店して正式な手続きおよび、本審査に進んでくださいとのことだったので、私は最寄りの店舗を指定し、電話を切りました。

おりるか結構ひやひやしていたので、ホッとしました。そしてすぐに指定した店舗の担当者に電話しようとしましたが、念のため公式サイトでもう一度いろいろと確認しておくことにしました。そこで私が申し込んだカーローンの他にもう一つあることに気づいてしまったのです。

しずぎんのマイカーローンには二種類ある。

今更ながら二種類あることにきづきました。

私が申し込んだのは

「しずぎんマイカーローン」

そしてもう一つあるのが

「しずぎんマイカーローン(反復利用型)」

です。そして私が見た時点ではどうも「しずぎんマイカーローン(反復利用型)」の方が金利が安くなるような印象を受けました(あとでお店の人に聞いたところによると実際はどちらの方が安く借りられるとかはないらしいです。それとどっちがどう違うというのはそこまで大した違いはないのですが、全体的に見て反復型の方がいいんじゃないかと思います。詳細は公式サイトでご確認ください)。

なので、「しずぎんマイカーローン(反復利用型)」の方に変更できるならしてもらおうと思い、その確認も含めて最寄り店舗に電話しました。

 

最寄り店舗担当者の良くない電話対応

電話で話した担当の人は女性の方だったんですが、この人の対応がすこぶるわるかったです。電話であそこまで腹が立ったのは久しぶりでした。

電話をかけ、私が「しずぎんマイカーローン(反復利用型)」の方に変更は可能かと聞くと、一瞬黙ったあとにめんどくさそうに「あー、、、それはできませんね。もう一度サイトのほうから申し込んでください。審査も最初からやりなおしになります」とのこと。不親切な感じがにじみ出ていてあまり気分がよくなかったのですが、私はまあそういうものなのかなと思い、そこは承諾しました。しかしついでなので、サイトで見ただけでは良くわからなかった細かい事柄をいくつか質問したのですが、その受け答えもおざなりで、一度などタメ口をきかれました。

ちょっとびっくりしましたね。正直、しずぎんでローン契約するくらいなら、ちょっと高くてもカーリースの方がいいかもしれないとさえ思いました。よっぽど「その受け答えはないんじゃないですか」、と言いたくなったのですが、なんとか気を静めて電話を切り、もう一度サイトから「しずぎんマイカーローン(反復利用型)」の方に申し込みなおしました。怒りに身を任せてもいいことはありませんし。

電話受付担当者のグッドな対応

翌日、再度私の情報確認のため受付け担当部署の方から電話がありました。この間とおなじことを聞かれたので同じことを答え、また連絡しますということ。するとすぐにまた同じ方から電話がありました。仮審査結果の連絡にしては早いなと思って聞くと

「お客様、先ほどから手続きを進めていて気付いたのですが、もしや先日も申し込みをなさいませんでしたか?」とのこと。

私はそうです、と答え、昨日からの経緯を伝えました。

「カーローンの種類の切り替えは店舗でできるのですが、、、間違った案内があったようで申し訳ありません」

とその方(女の方でした)は全く悪くないのに謝ってくれました(私はまた昨日の担当者への怒りが湧き上がりました)。

「ご提案なのですが、このままこの手続きを進めることもできますが、そうするとお客様の記録に二重に申し込みの形跡がついてしまいますし、お時間も余計にかかりますので、よろしければもう一度店舗の担当者と話して、切り替えの手つづきを済ませたほうがよろしいかと思うのですがいかがでしょう」

昨日のこともあったのでこの親切な申し出に、私はとても嬉しくなりましたね。私は彼女のアドバイスに従うことにしました。しかしあの担当者とは絶対に契約すまいと決めていたので、違う店舗で手続きしたい旨を伝えました。相手は少々とまどっていましたが、私の希望する違う店舗にしてくれました。

それから、違う店舗の担当者と連絡を取って、来店の予約を取りました。

(ちなみにまだ例の担当者に腹を立てた一件があるのですが長くなるのではぶきます。)

店舗で実際の手続きをする

「しずぎんマイカーローン(反復利用型)」というのは本来なら来店不要でも契約できるのですが、私は経緯が複雑なので店舗に行きました(そちらのほうが借り入れの時間も短縮できるということです)。

担当の方は女性の方で、例の悪い担当者のこともあって、すこし警戒していたのですが、その方はごく普通の応対をしてくれました。

店舗で実際に行った内容は契約に関する詳細な説明を聞いたのと、書類の記入だけです。

私におりてきた審査結果の金利は4.4%だったんですが、ネット申し込みで0.7%くらい、あといくつかの手続き(銀行のアプリのインストールやネットバンキング登録など)をすれば合計で1%位さがって、3.4%になりますとのことだったので、それもすることにしました。どうやら宣伝している金利はこれありきということみたいですね。人によっては審査結果で金利が高く感じるかもしれませんが、実際には1%ほど低くなる模様です。

あとは手数料などが差し引かれるとのことなので、その時作った口座に2000円ほどの入金手続きもしました。

そしてその日はあろうことか私が運転免許証を忘れてしまい、あわや再来店かと危惧しましたが、あとで免許証のコピーをファックスするという約束で、なんとか例外的に対応してくれて助かりました。きっと例の応対の悪かった担当者だったら絶対再来店になっていたでしょうね(ぶつぶつ)。

最終的に振り込みはその当日からおよそ二週間後ということになりました。

かかった時間は全部でおよそ1時間前後位でしたかね。

しずぎんのマイカーローンは年収が低いからという理由でローンをあきらめてしまっている人におすすめ

ということでしずぎんのマイカーローンは私のような所得が低くて、銀行のローンを組めるか不安な人間におすすめではないかと思います。もちろん、場合によっては審査に落ちることもあるかと思いますが(クレジット情報などに瑕疵がある方は特に)、基本的には通るのではないかと。

おなじく、しずぎんで借りた知り合いの個人事業主もお金がなくて相当不安がっていましたが、無事通っていました。

きちんと働いていて、定められた金額を返す意志も能力もあるのに、「年収が一般より少ないから」とか「社会的な保証の薄い個人事業主だから」という理由でローンを組めなかったりということは多々あります。なので、しずぎんのように信用して貸してくれるところがあるのはいいですよね。

ちなみにローンを申請する前に無料の自動車保険一括見積もりサービスをつかって自動車保険の相場を知っておけば月々のすべての出費を把握しやすいので、事前に見積もりをしておきましょう(見積もり申し込み時には購入予定の車の情報で入力すれば問題ないです)。

あえて評判が悪いアクサダイレクトの自動車保険に入った話

最近車を買ったので、各社の自動車保険を比較検討したのですが、いろいろと考えた結果、私はアクサダイレクトの自動車保険を選びました。 今回はその経緯について書きたいと思います。 簡単メモ アクサダイレクト ...

-安くできるものごと, ひと手間かけて安く, 車関係, ハスラー関係, 保険関係

Copyright© オトク生活 , 2018 All Rights Reserved.