あえて評判の悪い三井ダイレクトの自動車保険に入った友人の話。

投稿日:2018年11月20日 更新日:

私の友人で、自動車保険を三井ダイレクトと契約している人がいるんですが、少し前に軽い事故を起こして三井ダイレクトとやり取りをする機会があったということで、ちょっと話を聞いてきました。

三井ダイレクト自動車保険は、ダイレクト型自動車保険の中でもけっこう悪い噂が流れてるほうで、気になっている方も多いかと思います。今回は

  • 三井ダイレクトの実際の事故対応
  • 補償内容
  • 保険料金
  • どんな人に合った保険か

などについて、友人から当事者としての話を聞いたものをまとめてみました。

自動車保険を検討している方の参考になったら嬉しいです。

簡単メモ

三井ダイレクトはどんな保険会社?

三井ダイレクト損保は、ダイレクト型の保険に特化した三井住友海上グループのグループ会社です。

保険料の安さはアクサやチューリッヒと並んで突出しており、外資系大手のダイレクト型保険会社と並ぶ唯一の国内損保と言えます。

そもそも友人はなぜ三井ダイレクトを選んだのか

まず友人が三井ダイレクトを選んだ経緯をお話ししときます。以後友人はKとしときますね

二年くらい前に私が車を買って自動車保険を選んでいたとき、Kも保険の乗り換えを検討していまして、その時ちょっと情報交換をしたんですね。

私はアクサかチューリッヒか三井ダイレクトで迷っていることや、それぞれの保険会社の評判や保険料について調べたことをKに話しました。

Kは私と同じく、とにかく保険料が安いところを探していたので興味津々。熱心に聞いてくれて同じようにどこがいいか検討しあいました。

私はいろいろ検討した挙げ句、アクサダイレクトにしたのですが、するとKが「じゃあ俺は三井ダイレクトにするわ」と言いだしました。

一応三井ダイレクトの評判の悪さなどを念押ししたのですが、Kは「安いところはやっぱりどこも多かれ少なかれ悪い評判があるし、三井ダイレクトは日本の会社だし、評判悪くてもあえて入ってみるわ」と、軽いノリで決めていました。

そんなふうに決めて良いものだろうかと私は思ったんですが、まあ事故ったらお互いの保険会社の対応を報告しあって、どっちがいいか比べられるし、ということで私はアクサ、Kは三井ダイレクトになったんですね。

そして晴れて(というと不謹慎ですが)Kが事故を起こしたので(バイクとの軽度な衝突事故、お互い怪我はなし)、その時の三井ダイレクトの対応などを聞いてみた、ということです。

ちなみに私の方は原付きでは事故っていますが、車ではまだ事故を起こしていません。

関連記事:「あえて評判が悪いアクサダイレクトの自動車保険に入った話」

三井ダイレクトの事故後の対応はどうだったか

結論から言うと友人の場合、「事故対応はそこまで悪くなかった」ということです。

丁寧なケアの行き届いた対応をされたわけではなかったけれど、必要最低限のことはしてくれた、とのこと。

補償が終わるまでの一連の流れをまとめるとこんな感じだったそうです。

  • 事故を起こしてすぐに警察に電話したあと、三井ダイレクトに電話。するとオペレーターが細かく状況を確認してから、どうすればいいか支持してくれた
  • 警察や、事故相手と話をしたのは、その現場でだけ。家に帰って以降はまったくやりとりしなくてもよかった。ちなみに、お互い怪我はしなかったので、人身事故にはせずに物損事故扱いに。
  • 事故を起こした翌日、三井の担当者から電話が来て過失割合や今後の流れを説明される。相手7のKが3くらいだろうとのことだったので、保険を適用し、やりとりをまかせることに。
  • Kの車は左前のバンパーとヘッドライトが壊れたので、三井ダイレクト指定の工場に修理に出す。レンタカー代は特約に入っておらず、借りるなら3割ほどは自費で賄わなくてはいけないと言われたので、修理期間の1週間ほどは特に借りずに過ごす。
  • 一週間半ほど立ってから進捗状況を伝える電話がくる。相手側の修理費用とこちらの修理費用を計算して、補償金の総額を算定中とのこと。
  • 事故から3週間くらい立ってから、全て終わったとの連絡が来る。相手方のバイクは全損扱いにして(そっちのほうが修理より安く済むため)総額70万くらいだったらしい。Kの車の修理代は15万円くらい。
  • すべて終了

この一連の流れの間、Kはすごく丁寧な対応をされたとは感じませんでしたが、かといって特に不快な思いをすることもなく、淡々と担当者に任せられたそうです。

評判が悪いとの先入観があったので、いつ何を言われたりほったらかしにされたりするかと思っていたら意外に拍子抜け。

事故が単純なケースの物損だったので特に面倒なことにならなかったのがよかったのかな、と二人で話したんですがどうなんでしょうかね。

まあおそらくそれもあるだろうし、担当してくれる人にもよるんじゃないかな、というところで落ち着きましたが。

なので、私達の三井ダイレクトの評価は可もなく不可もなく、保険屋としての最低限の役目をきちんと果たしてくれる会社、ということになりました

おそらく、保険料が高いところは他のケアとかもっと行き届いているのだと思いますけど、最低限のことをしてくれればいいという私達のようなタイプには合っていると思います。

たぶん、保険料の高い自動車保険と安い自動車保険は「内装も豪華で食事も豪華、もてなしもきっちりしている高級ホテル」と、「部屋は6畳ないくらいでいろんなサービスもないけれど、清潔なベッドがあって風呂とトイレがあるビジネスホテル」みたいな感じなんじゃないかなーと。

お金に余裕があって、保険関係のやりとりに何も煩わされたくないという人は、高い自動車保険を選ぶと安心だと思います。

三井ダイレクトの補償内容はどうか?

三井ダイレクトの補償内容は、基本的なところは他の自動車保険と変わらないです。

事故を起こした際の人や物に対しての補償は十分なものですし、Kも自分が相手のバイクや自分の車の修理に対してお金を支払うようなことはなかったようです。

なので、安いからといって重大な事故を起こしたときに他の保険と比べて補償金が少ないのでは?といった心配はしなくて大丈夫だと思います。

ただ、基本の補償内容は必要最低限のものだけなので、もしもっと幅広い補償ーーーーー例えばこちらに過失が無い事故の際の弁護士依頼費用の負担や、レンタカー代の負担、原付バイクに乗っているときの事故の際の負担などを求めるなら、特約をセットで申し込む必要があります(詳細は三井ダイレクト公式サイトへ)。

そして、三井ダイレクトやアクサ、チューリッヒなどのダイレクト型保険はネット申し込みが基本なので、自分で何が必要かを考えて契約しなくてはいけません。

他のところのように保険会社の営業マンがいろいろ説明はしてくれないのですね。しかしだからこそ、保険料が安いのです。

なので三井ダイレクトの補償内容は十分なものなのか?という問いに対しては、「基本的な補償内容は十分なものが用意されており、必要に応じていろいろな特約をセットで申し込めばさらに幅広いサポートが受けられる」という結論になります。

三井、アクサ、チューリッヒ、一番保険料が安いのは?

これなんですが、一概にここが一番安い!とは言えないんですよね。

各社、保険料はその年によって違ったり、申込者の条件によっても割引率や価格設定が違うようなので、「アクサが一番安いからおすすめだよ!」とか「三井が一番安いからおすすめ!」とはいえないところがあります。

実際にそれぞれの会社から保険の見積もりを出してもらうしかないわけです。

「一番安いところがどこか知りたいけど、それぞれの会社から見積もりを出しもらうのめんどくさいな、、、、」ってなりますよね。僕も一番最初そうなりました。

しかしそういうときにはインズウェブが提供している無料の自動車保険一括見積もりサービス を使うとすごく便利です。

なんとこの一括見積もりサービスは、一回自分の住所や年齢、車の情報などを入力してしまえば、最大20社の保険会社からの見積もりが一気に取れます。

しかも「ここいいかも!」と気になった保険会社のサイトで詳細な見積もりを改めて申し込むときも、インズウェブ経由で送られてきた見積もりメールに載っている仮ログインリンクから行けば、めんどくさい必要項目の入力をパスできます。

そして素晴らしいのが、一括見積もりを申し込んでも、わずらわしい営業電話などがまったくないことですね。普通こういうサービスには後日の営業電話や訪問などがあるものですが、ぜんぜんありません。

僕は毎年使っていますが、今まで一回も来たことないです。

めちゃくちゃ便利なサービスなので、自分の保険料を調べたい人は使ってみてください。おすすめです。

結論「三井ダイレクトは別に噂ほど悪い保険会社ではなかった」

私達、というか友人Kが実際に三井ダイレクトにお世話になってみての結論としてはこうなります。

三井ダイレクトはネットの掲示板などで書かれているほど悪い保険会社ではなかった

評判や噂はあくまで又聞きのものでしかないので、実際はどうなのかというのは自分で体験してみないとわからないものです。

もちろん、場合によっては対応に不満を覚えたりするのかもしれませんが、少なくとも今回の場合はそんなことはなかったということですね。

まあしかし、あれだけ悪い噂や口コミが書かれているということは全体から見えれば、良くない対応のほうが多いのかもな、と思ってしまいますよね。

不安な方は保険料が安いダイレクト型の保険は契約しないほうが良いんじゃないかな、と私は思います。

でも、私達のように必要最低限のこと補償コースだけ用意してくれればあとは自分で調べて問題ないようにする、という姿勢の人にとっては、合理的でコスパの良い保険なんじゃないかな、と。

まあとりあえず、保険会社の新規契約や乗り換えを検討している人は、先程紹介した無料の自動車保険一括見積もりサービス を使って、保険料を調べてみると良いと思います。

思っているより、会社によってだいぶ保険料の差があるのでびっくりしますよ。

 

-保険関係, 車関係

Copyright© オトク生活 , 2019 All Rights Reserved.