子供にGPSを持たせて安心を買う。アルソックのまもるっくについて調べてみた。

投稿日:

子供が被害に合う犯罪って、なんだか年々増えていってるような気がします。ついこの間も千葉で痛ましい事件が起こりましたね。。その事件の犯人はPTAの会長をしていたそうです。。

私には子供はいませんが、犯罪者に対する世間のお父さんお母さんの不安や、心配などお察しします。

私には姉がおり、姉には6歳の男の子がいるのですが、その子の帰りが遅かったりするといつも心配しています。ちょうどこの前私が遊びに行った時も、いつもより大幅に帰りが遅くて(携帯もつながらず)、姉はだいぶ心配そうでした。

結局、甥は時間を忘れて遊んでいただけだったのですが、気丈だった姉があれほど不安そうにしていたのをみて、私はなにか良い手はないかと考えました。せめて子供のいる場所でもわかれば、姉も安心できそうなのになぁ、と考えていたら最近は子供にGPSを持たせる親御さんが増えていると聞き、さっそくめちゃくちゃ調べてみました。

そして三日間くらいリサーチしまくってみた結果、アルソックのまもるっくがいいんじゃないかと検討をつけました。

それはなぜかというと、

  • 子供に何かあった時、最寄りのアルソックの警備員が駆けつけてくれる。
  • 通話機能(ハンズフリー対応)が付いている。
  • 定時時刻位置探索(設定しておいた時刻の位置情報を取得)、エリア出入通知(あらかじめ設定しておいたエリアに出入りした情報を取得)などの位置情報検索の細かい設定ができる。
  • 緊急時に中央のボタンを長押しすればアルソックに通報できる。
  • 転倒センサーを内蔵し、動けない状況になったら、ボタンを押さなくても自動でアルソックに通報してくれる。

この五つのポイントが、他社製品やサービスと違う大きなポイントでした。

単なるGPS装置ならたくさんありましたが、ここまでのサービスのものってなかなかなかったです。値段も月額1100円~で、非常にリーズナブルだと思います

私がアルソックのまもるっくがいいと思った要点はまあこんな感じなんですが、さらに知りたい方のために、まもるっくのサービスについてもうすこし詳しく、丁寧に解説させていただきますね。

まもるっくは「見守る」「見つける」「話す」「駆けつける」のサービス!

まもるっくの基本サービスは「見守る」「見つける」「駆けつける」です。

たとえば子供の帰宅が遅くて心配・・・・といった場合や、ストーカーに襲われないか不安・・・といった場合や、離れている高齢の親の急な体調不良や事故が心配・・・

といった時に役に立つものです。

異常があればリアルタイムで通知が来て、今どこにいるかが把握でき、もしもの時はボタンひとつで駆けつけてくれるんですね。まもるっくが一台あれば大切な家族を見守れるわけです。

「見守る」サービス

見守る機能にはこのようなものがあります。

緊急通報

緊急時に中央のボタンを長押しすることでALSOKに通報する。

転倒感知

内蔵センサーが、転倒して動けない状況を察知してALSOKに自動通報。

ライフリズム異常感知

一定時間連続して操作やセンサーが反応しない時はALSOKに自動通報。

万が一、まもるっくを持っている子供や高齢の親が何らかの理由でボタンを押せない時に、それを感知して自動でALSOKに通報してくれるのはいいですね。「動けなくて困っているんじゃないだろうか」などといった心配が少し減ります。

ただ、単純に寝ているだけなのにそれで自動通報とかされたらそれはそれでめんどくさそうですが、そういうのは何か対処方法があるのでしょうか、、、。公式サイトにも載ってなかったので、そのあたりは資料を申し込んで確認するしかなさそうです。

「見つける」サービス

これはGPSを利用した位置検索機能のことだと思いますが、まもるっくはこの検索実行の上限がないようです。他社の製品では回数制限があったりするんですねぇ。回数を気にして検索があまりかけられないって、なんだかGPSを持ってる意味が結構半減すると思うんですが、その点まもるっくなら大丈夫と。

「見つける」サービスにはこのような機能があります。

エリア出入通知

あらかじめ設定したエリアに出入りした情報を取得。

現在位置検索

現在の位置情報を取得。

定時刻位置探索

あらかじめ設定した時刻の位置情報を取得。

まえもって設定しておいたエリアに子供がいったら通知してくれるというのはとてもよさそうですね。それから決められた時間に今どこにいるのかを教えてくれるのもすごくいいです。

心配している側としては、ここまで徹底してくれるとかなり安心できるでしょうね。ただ、まもるっくを持たされている本人は監視されているような気分になってあまり面白くはないかもしれません。笑

「話す」サービス

そしてなんと通話機能もついてるのは驚きです。通話機能がない時は、警報だけで現地で何が起きているか分からず困ってしまうことが多々あったことから、この機能が付けられたようです。こうすることで、ALSOKがまもるっく携帯者と連絡を取り状況を把握、それを見守り者に伝えてくれるというわけですね。

「話す」サービスはこのような機能になります。

状況確認サービス

まもるっくからの通報感知時にALSOKから端末に電話連絡をする。

指定先着信機能

任意の登録先8件からの着信が可能。

110番・119番・118番に発信

警察や消防署などにまもるっくから発信ができます。

やはり何か異常があった時にALSOKがまもるっくに電話して状況確認してくれるのがとてもいいですね。そして事前に登録しておけば自分の携帯などからまもるっくにかけられるのも便利です。着信だけでなく、警察などに直接発信できるのも良いポイントだと思います。

「かけつける」サービス

まもるっく携帯者本人、もしくは保護者などの直接の依頼によってガードマンがGPS信号発信地の場所まで緊急出動してくれます。これは別途料金がかかるようですが、出動が必要だと思われるような状況の場合、お金のことは気にしていられませんね。一回6000円(一時間まで)のようなので、あまり高くはないと思います。

子供のまもるっくから通報があったとき、親としてはすぐに駆けつけたい思いますが、たまたま遠くにいたり、絶対に手が離せない時もあると思います。そういう時に自分の代わりに経験豊富なガードマンが駆け付けてくれるのは本当に心強いです

料金

料金プランは二つです。

レンタルプランとお買い上げプラン。

料金体系はいたってシンプルでまもるっく(機器代21500円)を購入しない場合はレンタルプランとなり月2,000円。購入する場合はお買い上げプランとなり月1,100円となります。

これはどちらがお得なんでしょうね。シンプルプランもお買い上げプランも申し込む時は契約手数料4500円がかかり、2年ごとの更新のようです。なので、単純に900円の月額の差だけで計算してみた結果、

21500÷900=23.8888 なので

23か月以上使うならお買い上げプランの方がお得ということになりそうです。どっちみち2年契約なので、絶対にお買い上げプランの方がお得ですねこれは。間違いなく。

お買い上げプランの場合、2年間の合計費用は

21500+(1100×24)=47900円 これに契約手数料4500円を足すと52400円という計算になりました。なので実質、2年間の月額は2183円ということになりそうです。

月額2100円くらいで安心を買えるなら安い方かなと私は思います。

まとめ

このブログを書いている時も他のGPS装置をずっと調べてたんですが、やはり総合的にALSOKのまもるっくが一番だと思いました

まもるっくのような防犯装置をもっているというのは、犯罪者にとってはやはり嫌なものだと思うので、ある程度の抑止力になると思いますし、なにより万が一の時のことを考えるととても役立つと思います。非常事態と言うのは本当にちょっとした時間の差で結果が変わってきます。悪いことがおこったあとに後悔しても、後悔しきれませんよね。

お金で少しでも大切な家族の安全を確保できるなら、私はためらわずに使った方が良いんじゃないかと思っていますお金なんか、働けばいくらでも稼げますからね

もしこれを読んでいるあなたが少しでもアルソックのまもるっくのようなGPS装置に興味があるなら導入の検討をお勧めいたします。

お互い、より幸せな日々を送れるよう頑張ろうではありませんか。

-セキュリティ

Copyright© オトク生活 , 2018 All Rights Reserved.