【2018年度版】ホームセキュリティのアルソックとセコム徹底比較!

更新日:

少し前、私が住む地域周辺でかなり恐ろしい事件がおこりました。男がある家に押し入り、その家に住んでいた家族全員を惨殺したのです。

事件現場は私もたまに車で通る場所だったので、本当にショックでした。まさかあんな平和なところで、そんなことが起きるとは、、、と。

今まで、そのような凶悪犯罪は自分たちから遠いもののように感じてたんですが、「犯罪に巻き込まれるというのは他人事ではないんだ」と実感して、戦慄しました。

現実を厳しく考えていけば、いつ不審者に侵入されてもまったくおかしくないんですよね。

いつ襲われてもおかしくない。

そしていつ殺されてもおかしくない。

ホームセキュリティ

現実にそれは起こりうるんです。可能性は低いけれど、たしかにそれは起こりうる。認めたくありませんが、それが事実です。

おそろしい事実ですが、怖がっているばかりでは何もできません。私たちにできることと言えば、安全に暮らせるようになるべく自分で対策をしておいて、普通に暮らすことだけです。

日常の中では

  • 戸締りをきちんとする。
  • センサーライトを家に取り付ける。
  • 防犯ブザーを持ち歩く。
  • 警備会社と契約する。

など、できる範囲でやっておくのが大事だと思います。

我が家でも防犯について話しあった結果、警備会社のホームセキュリティサービスを利用するのもいいかもしれない、となりました。

お金は少しかかるかもしれないけれど、そこをケチったために犯罪の被害にあってしまったらきっと後悔してもしきれない

と思ったからです。

お金なんて、健康な体があってこそのものですから。優先順位としては

お金より大切なもの

です。

そこで、今回は私が警備会社を検討するにあたり調べてわかったことのおすそ分けをしたいと思います。

警備会社のことなんて、まったくの素人ですが、私と同じように何も知らないところから警備会社の利用を検討している方の情報メモにでもなれば幸いです。

なお、すべての警備会社について調べていたらきりがないので、検討候補はアルソックセコムの2社に絞りました。業界最大手なので安心ですし、この2社の評判がトップクラスです(かなり調べました)。

まず結論。質ならセコム、価格ならアルソック。

結論

とりあえず、結論から先に言うと、

を重視するならセコム

価格を重視するならアルソック

です。これは間違いないですね。

質ならセコム、価格からアルソック

セコムの所感

やはり業界NO1の実績を誇るセコムは断トツで利用者からの評価が高いです。警備員の質も高く、拠点数も一番多いので何かあった時はすぐに駆けつけてくれます。

私はセコムとアルソックの両方の警備員さんと話をしたことがありますが、セコムの方が安心できそうだなと思いました。

アルソックの警備員さんが悪いというわけではないんですが、セコムの警備員さんはきちんと教育と訓練を受けているのがはっきりわかりました。

実際、セコムは社員の教育と訓練には相当力を入れているようです。

アルソックの所感

対するアルソックの方は、セコムほど評価は高くないものの、必要最低限の料金で、十分な警備力を提供しているという印象を受けました。

記事の後半の方で両者の詳細な料金比較をしていますが、一番安い料金を提示していたのはやはりアルソックでした。

なのでそれなりの警備力を望みつつ価格を重視する人にかなり人気のようです。

私ならどちらを選ぶか

もっとも、両社ともそこまで価格に差はないので、私ならセコムを選びます(というかプランによってはセコムのほうが安いです)。私は質を重視するタイプなので。

なんでもそうですが、それほど価格が違わないなら質のいいものを買った方が、のちのち得をするというのが私の経験則なんです。特にホームセキュリティは命にかかわる場合もあるので、できるかぎり質の高い警備が欲しい。

量より質

しかしもちろん、「必要最低限でいい」という方もいらっしゃるので、アルソックも選択肢としてぜんぜんありだと思います。私も価格差がもっと大きかったらどちらにするか悩んでいたと思います。

気になる人はとりあえず下のリンクから2社の資料を取り寄せてみましょう。サイトに乗っていない情報がたくさんあって、より正確に比較することができます。

私も資料を請求しましたが、資料の中には月額や機器設置代が安くなるキャンペーン用紙なども入っていたりしたので(地域によって入っていないところもあるようです)、貰っておいた方がぜったい得だと思いますよ。

ちなみにセコムはプランやコースごとに資料があってかなりの数になるので、すべてはもらえないのですが、気になるプランのものは全部請求してしまいましょう。

ALSOK(アルソック)を調べてみた

では2社の提供する警備サービスの詳細を個別にみていきましょう。とりあえずアルソックから。

アルソックの個人向けサービス「ホームセキュリティ」というのはどういうサービスなんだろう?

アルソックのセキュリティサービスには「個人向け」と「法人向け」があります。

とうぜん私は「個人向け」を検討していますからその中のサービスにどういうものがあるか、みてみました。

個人向けのサービスは大きく分けて5つあります。

  • ホームセキュリティ
  • お子様の防犯
  • 女性向けセキュリティ
  • ご高齢者の見守り
  • ALSOKの介護

ですね。それぞれのサービスの内容をかんたんに表にしてみました。

 
サービス内容
ホームセキュリティ
長時間の外出からちょっとしたお出かけ、そして在宅中まで、最新のセキュリティシステムでお客様のお住まいを24時間365日体制で見守り、万一の時は、ガードマンが迅速に駆けつけるサービス。
お子様の防犯子どもをターゲットにした犯罪が急増する近年の、親御さんの不安解消にお役立ちのサービス。
女性向けセキュリティ一人暮らしされる女性に安全・安心な生活を送っていただくための防犯サービス。
ご高齢者の見守りご高齢者の家庭内事故を可能な限り防ぐためのサービス。
ALSOKの介護皆さまの日常生活を支える各種介護サービス。

このようにいくつかあるのですね。私が求めるのはホームセキュリティなので、そちらをさらに詳しく見てみます。

セキュリティ装置を家に設置。24時間365日の常時監視警備

ホームセキュリティというのはざっくりいうと、セキュリティ装置を家に設置し、装置が反応すればアルソックの警備員が迅速に駆けつける、というものです。

シンプルですね。どこの警備会社でもきっとこれが基本だと思います。

公式サイトにホームセキュリティサービスの概要と画像が載っていたのでこれも載せておきます。

ALSOKホームセキュリティは、ご自宅に取り付けた「防犯」・「非常」・「火災」等の各種センサーが異常を感知した際に、お客様の電話回線やインターネット回線を使用して監視センター(ALSOKガードセンター)に自動通報し、そこから指示を受けたALSOKガードマンがご自宅に駆けつけて、被害の拡大防止に努めるというシステムです。

さらに、異常が確認された場合には、あらかじめご登録いただいた緊急連絡先にご連絡し、状況に応じて110番・119番通報をいたします。

セキュリティ装置は2種類

アルソックのホームセキュリティに使われるセキュリティ装置には「ホームセキュリティBasic」と「HOME ALSOK Premium(プレミアム)」の2種類があります

その二つにはどういった機能があるんでしょうか。

「ホームセキュリティBasic」

「ホームセキュリティBasic」の機能

・選べる三つの操作方法      
ライフスタイルに合わせて「IDキー(FeliCa)」、「暗証番号」、「スマホアプリ」の3つを自由に組み合わせてシーンごとに最適な方法で警備操作が可能。
・充実したWEB機能 
PCやスマホから警備開始/解除操作ができる他、ユーザー情報やIDキー情報を登録することで「いつ、誰が、何で(IDキー・スマホ等)」操作したかをメールで確認。
・3G回線の内臓         
コントローラー本体に3G回線を内蔵したことにより、インターネットやアナログ電話の固定回線がない家庭においても、ホームセキュリティを利用可能。 また、固定のインターネット回線がある場合は、万が一のバックアップ回線として利用も可能。
・警備エリア設定 
在宅時の「警備エリア」は最大10箇所のため、警戒したい部屋を細かく選択可能。
・鍵の閉め忘れをお知らせ  
窓やドアの施錠忘れを、音やコントローラーの表示でお知らせ。お出かけ前にも施錠状態を確認できるので、鍵のかけ忘れの心配がない。
お得で安全なインターネット警備 
常時接続のインターネット回線(ADSL/光/CATV)さえあれば、警備サービスが利用可能。 さらに回線契約が定額払いであれば、警備通信に追加費用はかからない。また、機器とALSOKがインターネットで接続されているため、断線/停電の監視も行える。
・シーンで選べる警備モード    
外出時と在宅時、それぞれのシーンに応じた警備モードから選べる。

 

「HOME ALSOK Premium(プレミアム)」

 

「HOME ALSOK Premium(プレミアム)」の機能

・WEB警備遠隔操作             
利用者専用のWebページから、コントローラーと同様に操作と警備状態の確認が可能。従来の遠隔操作ではできなかった警備の「セット・解除」ができることが最大の特長。パソコンをはじめ、スマートフォンや携帯電話などインターネット環境があれば、どこからでもご自宅のホームセキュリティを操作できる便利な機能。
・画像確認サービス(※オプション機能) 
屋外にカメラとセンサーを設置して、敷地内への人の侵入を監視するサービス。これにより住居などへの侵入を未然に防止できる。また、外出先からもインターネットを経由して携帯電話やパソコンでライブ画像(静止画のコマ送り画像)をいつでも確認可能。
・二世帯住宅や店舗・事務所併用住宅にも対応  
部屋数が多い戸建て住宅をはじめ、二世帯住宅や店舗・事務所併用住宅に対応。親世帯と子世帯、店舗・事務所と住居部を個別に警備することができ、プライベートを重視しながらもしっかりと安全安心のホームセキュリティを実現。
・警備のセット・解除の方法(※オプション機能)
警備のセット・解除の方法は2つ。暗証番号と専用のIDカード/キーから選べる。高齢者や子供が暗証番号を忘れてしまう可能性があるときには、専用のIDカード/キーでの操作がオススメ。

 

うーん、「ホームセキュリティBasic」と「HOME ALSOK Premium(プレミアム)」の違いがいまいちわかりづらいですね。

そう思って、詳しく調べたら公式サイトのFAQに載っていました。

ホームセキュリティBasic」は、高品質で高機能、お手頃価格のホームセキュリティシステムです。

無線式のセンサーを採用し、本体コントローラーに3G回線を内蔵しているため、インターネット回線や電話回線が無いご家庭や既築住宅でも美観を損ねることなく施工が可能です。

また、「IDキー(FeliCa)」、「暗証番号」、「スマホアプリ」の3つの警備操作方法をお選び頂けるほか、ユーザー情報やIDキー情報を登録いただくことで「いつ、誰が、何で(IDキー・スマホ等)」操作したかをメールで確認できる機能を搭載しております。

一方「HOME ALSOK Premium」は、比較的大規模な住宅や二世帯住宅、店舗・事務所併用住宅などの住宅用途に合わせてきめ細かい対応が可能なホームセキュリティシステムです。

有線式(新築住宅)・無線式(既築住宅)のいずれにも対応が可能です。また、インターネット経由で警備の開始/解除操作ができる「Web警備遠隔操作」、屋外を監視する「画像確認」機能も備えています。

その他、それぞれのシステムに特長がございますので、詳しくはご要望やライフスタイルをお伺いした上で、お客様にぴったりなプランのご提案をさせていただきたいと思います。

ご連絡いただければ、最寄の弊社営業員よりご説明を差し上げるように手配いたしますので、どうぞお気軽にお申し付けください。

なるほど、「HOME ALSOK Premium(プレミアム)」のほうが、より広範囲をカバーでき、細かい設定・操作ができるわけですね。

気になる料金は?

【アルソックのプラン別料金。「ホームセキュリティBasic」の場合】

 レンタル ゼロスタートお買い上げ
月額警備料金6,870円 7,760円3,500円
工事料53,000円 0円53,000円
機器料0円 0円194,600円

※セキュリティ機器10年保証

・・・機器代高いっすね。。

いやいや、高いとか言ってちゃダメなんだった。。。

とりあえず、5年間の総額で比較してみることにしましょう。

【プラン別5年間の総額】

 
5年間の総額
レンタルプラン6870×60+53000=465,200
ゼロスタートプラン7760×60=465,600
お買い上げプラン3500×60+53000+194600=457,600

5年間だとあまり変わらないですね。

しかしどのプランも最低契約期間は5年で、以後1年ごとに更新っていうスパンなんで、どうせ5年縛りがあるなら買い上げプランの方がお得です。

SECOM(セコム)を調べてみた

アルソックのことは大まかに把握できたので、次はセコムを調べてみます。

セコムの個人向けサービス「ホームセキュリティ」というのはどういうサービスなんだろう?

基本的にはアルソックと同じようにセキュリティ装置を家に設置し、装置が反応すれば警備員が迅速に駆けつける

というのは変わらないようです。

アルソックは子供向けや、レディース向け、高齢者向けのプランを別に用意していましたが、もしそれと似たサービスを利用したい場合、セコムはホームセキュリティにオプションで付けていく方式を採用しているようです。

たとえば高齢者向けでのサービスでは、家の中の生活動線に一定時間動きが無い場合にセコムに異常信号が送られるという「ライフ監視サービス」というがありますが、これは月額300円となっています。

そしてセコムは「3つの業界No.1」項目として

  • 契約件数     約118万9,000件(2016年12月31日時点)。
  • 拠点数      全国約2,800ヵ所(2016年9月30日時点)。
  • サービス提供年数 創業は 1962 年。日本で最初の警備保障会社。1981 年には 国内初のホームセキュリティシステム を確立

を挙げています。

まさしく安心と信頼の警備会社です。

セコムのセキュリティの特徴

空き巣対策
  • 住まいの扉と窓にセンサーを取り付け、扉や窓が開けばセンサーが即座に感知
  • ホームセキュリティの警戒(セット)状態への操作時に扉や窓の閉め忘れを音声でお知らせ
  • センサーが感知したら、ブザーで犯人を威嚇
  • 異常を感知したら緊急対処員が急行
  • 必要に応じてセコムから110番通報
不審者対策
  • 自宅にホームセキュリティ(セコムのシール)を導入することで、防犯対策がされていることを示す
  • 窓の外に人影が見えたり、音がしたとき、非常ボタンを押すだけで、非常信号をセコムに通報。セコムの緊急対処員が、お客さま宅へ急行、適切に対処、必要に応じて110番通報。
  • センサーライトカメラ(※オプション)を屋外に設置することで、近づいた不審者を強い光で威嚇
  • センサーが来訪者や不審者を感知すると、自動的に撮影・記録。気になった時に、モニターで外の様子を確認できる
高齢者の親が心配な方へのサービス
  • 携帯型ペンダントタイプの救急通報ボタンで、急病やケガなどの際は握るだけでセコムに救急信号を送れる。簡易防水型のため、浴室などでも使用可(レンタルプランの場合月額300円)
  • 生活導線(トイレなど必ず通る場所)にセンサーを設置。一定時間動きが無い場合は異常信号をセコムに送信し、セコムが確認(レンタルプランの場合月額300円)
  • 日常家事のお手伝いをはじめ、お部屋の模様替え、専門スタッフによるおそうじなど「安心のセコム」が高品質なサービスで生活を応援します(利用者の希望によって見積もり)
  • 身体に関するご相談や、健康や医療に関する相談をセコムの看護師に無料で電話相談可能
  • 別途契約(月額1800円)のセコム・マイドクタープラスを利用すればさらに安心おサービスを受けられる
火災対策
  • 料理中のちょっと目を離した際のこんろ火災たばこの不始末、ストーブからの引火などによる火災の発生をセンサーで監視。就寝中の火災でもブザーが鳴って家族に知らせる
  • センサーが火災を感知すると異常信号を送信し、セコムが必要に応じて119番へ通報。セコムの緊急対処員も自宅に駆けつける
  • ガス漏れを感知し、ブザーと音声で知らせるとともに、異常信号をセコムに送信

 

このような特徴があります。

補償制度がある

それから特筆すべきは補償制度があるということです。

盗難保険として現金・貴金属・美術品などで50万、家財で最大200万、建物損害時には、修復費用見舞金として最大100万円まで補償が受けられます。

これはけっこうでかいと思います。

気になる料金は?

【セコムプラン別料金】

 レンタルプラン買取プラン
月額料金5,900円4,500円
工事料・システム料金49,000円294,600円
補償金20,000円(非課税・契約満了時返却)なし

各プランの月額、工事費などはこのようになります。

では5年間の総額はどうでしょう??

【プラン別5年間の総額】

 5年間の額
レンタルプラン5900×60+49000+20000=423,000
買取プラン4500×60+294600=564,600

レンタルプランのほうがだんぜん安いですが、もし13年以上の利用を考えているなら、買取プランのほうがオトクですね。

判断が難しいところですが、まずレンタルプランで試してみて、満足できたら買い取りというのが良さそうですね。

アルソックとセコムの比較結果発表

さて、それでは両社をそれぞれの項目ごとに比較していきましょう。

まずは1番気になる値段を比べてみます。1年、3年、5年、10年の期間でそれぞれのプラン別に合計を計算してみました。

料金比較

 アルソックセコム
一年間の場合
レンタルプラン一年間の総額135,440円139,800円
買取プラン一年間の総額289,600円348,600円
ゼロスタートプラン一年間の総額931,20円なし
三年間の場合
レンタルプラン三年間の総額300,320円281,400円
買取プラン三年間の総額373,600円456,600円
ゼロスタート三年間の総額279,360円なし
五年間の場合
レンタルプラン五年間の総額465,200円423,000円
買取プラン五年間の総額457,600円564,600円
ゼロスタート五年間の総額465,600円なし
十年間の場合
レンタルプラン十年間の総額877,400円777,000円
買取プラン十年間の総額667,600円834,600円
ゼロスタート十年間の総額931,200円なし

※1年,3年,5年,10年のスパンで一番安いプランには赤線。同じプランでどちらか安い方を太字にしてあります。

結果は

  • 1年ならアルソックのゼロスタートプラン 931,20円
  • 3年ならアルソックのゼロスタートプラン 279,360円
  • 5年ならアルソックの買取プラン     457,600円
  • 10年ならアルソックの買取プラン     667,600円

が一番安いようです。価格ではアルソックの全勝ですね。

5年以下ならゼロスタートプラン

5年以上を考えているなら買い取りプランがコスパいいようです。

しかし、レンタルプランならセコムの方が安いです(意外ですね)。なのでホームセキュリティを試してみたい場合はセコムがいいかもしれません。

警備の質

お互いの公式サイトを見てもやはりそれぞれ万全な警備態勢と、警備員を用意していると書かれているので、こればっかりは実際にサービスを受けてみないと分かりません。

憶測だけで物を言ってしまってはいけませんしね。

ただ、いろいろなサイトを見る限り、やはり業界実績のあるセコムの方が質は高いという声のほうが多い気がします。実際私も、これまでの経験やいろいろな資料を見ていて、セコムの方がしっかりしていそうだなという印象を受けました。

セコムが好き

拠点数

  • アルソックは全国に2400。
  • セコムは全国に2800。

拠点数はセコムの方が多いですね。拠点が多いということは何かあった時にすぐに駆けつけてくれる可能性が高まるわけですから、そこはポイント高いと思います。

この拠点数で警備会社を選ぶ人も少なくないようです。

拠点数重視

まとめ

というわけで、私の最終的な判断は

価格重視ならアルソック

警備の万全さと保障を求めるならセコム

となりました。

とりあえずホームセキュリティがどういうものか体験してみたいならアルソックかな、と思いますし、少し高くても間違いのないものをと考えるならセコムが良いと思います。

しかし気をつけねばならないのは、それぞれの家によって必要とされるセキュリティ機器の数も違いますし、とうぜん値段も違ってくると思いますので、実際に警備会社に相談してみないことには自分が支払うことになるお金や、受けられるサービスを把握するのは難しそうです。

なので、とりあえずセコムとアルソックのどちらか気になった方に資料を請求しましょう。請求するだけならタダですしね。

資料無料請求

そして良さそうな方に実際の見積もりをお願いしましょう。

-セキュリティ

Copyright© オトク生活 , 2018 All Rights Reserved.